※2020年6月7日で緊急事態宣言が解除されて、県外の移動も緩和されたばかりの日です。

BBNグループツーリングクラブ(略してBTC※勝手に名前つけました)が久しぶりに活動しました。

会長の絹笠が、「久しぶりに走りたいね」と一言。各社の走り屋たち総勢8名がすぐに集まりました。前回の牡蠣小屋ツーリングに2名が加わりました。




目指すは阿蘇のパワーをバシバシ感じ取れる大観峰、晴れた日の景色は壮大です。


7





8


BBNグループの走り屋たちとその相棒たちが並んでいます。


4



9


3


みんなお話しながらいい笑顔!

ランチはスタミナもつけるために赤牛!!

6

5


しかし、トラブルが!!!


クラウドiの営業部長の稗田の相棒が動かない!!エンジンもかからない。

ルノー久留米インター店(オリゾン)のスーパー整備士、副社長の大北とクラウドi最強のアマチュア整備士高野が手を尽くすも、万事休す。



S__28352519_new



1




炎天下の中みんなで見守るも回復せず、クラウドiの営業部長の稗田の相棒はレッカーに運ばれ本人は二人乗りして帰ったそうです。


今回のツーリングは平和には終わりませんでしたが、来年も5年後も10年後も仲間内で語られていくでしょう。

「あのとき俺のバイクがさ~」
「めちゃくちゃ暑かったですよね!」
「コロナで大変な時期でしたよね・・・」


とトラブルがあるからずっとこの先も思い出になるでしょう。
遊びも仕事も全力で、本気で向かい合うことで思い出や人生の糧になると私は思っています。

少し話がズレるのですが、生きていく中で仕事でもプライベートでもいろいろなトラブルに見舞われます。そこで落ち込む人もいれば、乗り越える人もいます。


私の持論にはなりますが、
トラブルや逆境がきたら逃げるんではなくて、「キタキタ、逆境!ドラマチックに乗り越えるぜ!」というくらいに楽しんだ方がいいんです。失敗してもそこにはドラマがあります。数年後に「あのとき俺はな・・・」とか数十年後に「あの頃おばあちゃんはね・・・」と語れる方がカッコイイし、絶対楽しいじゃないですか!
逆にトラブルを避けたら、今後それはタブー(禁句)になって面白くないでしょうね。

バイクを故障させた人は、ツーリングのたびに思い出してもらい話題になるでしょう。そしてトラブルを乗り越えた話題の先には必ず笑いがあります。
変化とか、逆境とか面白がって立ち向かう方が、そのあとの人生はもっとハッピーになるはずです!!


次回のBTC(BBNツーリングクラブ)の目的地はどこになるのでしょうか!バイクの運転はできないですが後ろに乗せてください!!(足手まといか、、、)



仕事はピンとこないけどツーリング楽しそう!って方も説明会や面接にお越しください!ぜひご縁がありましたら一緒に働きましょう!!

中途も新卒も大歓迎です!

ブンブンいくぜ!!🏍🏍

※BBNグループ、株式会社クラウドiでは拡大につき増員中!!